TODOKERUの特徴

TODOKERUは今までの金融常識に捉われない方法で、資産管理を助言します。

現在の証券会社の常識では、お一人のお客様には一人の担当者が付きます。本社の人間がサポートに付くこともありますが、それはあくまでサポートという立場です。

一人に一人ということで、そのお客様への提案レベルはその担当者次第になります。
要するに、その時の担当者次第で、サービスに差が出ますし、運用パフォーマンスにも大きな差が出ます。
その担当者が選定する商品によって、払う手数料も全然変わってきます。

当然、担当者は『自分の数字』というものを背負っています。
そのため、成果を出さないと会社の中での立場は失われていきます。

そのような状況は普通に考えて、おかしいです。
ただ、日本では金融教育が進んでいないため、その人が優秀な担当者なのか、自分のためのことを考えて提案をしてくれているのか。
中々お客様は判断ができません。

この常識を覆すために、TODOKERUでは全員で一人のお客様を担当します。
そのため、助言レベルに差はでません。

また、残高に対してお手数料を頂くため、『自分の数字』を背負う必要がありません。
当然、回転売買も必要ありませんし、手数料の高い商品を助言することは一切必要ありません。

中立の立場のため、本当の意味でお客様と同じ目標に向けて歩んでいくことができます。

銀行や証券会社では、成績が生命線になってきますので、商品を売却すると買い提案をしなければいけないのが一般的です。
特に最近では、残高フィー重視へのビジネスモデルへと変わってきているため、特に投資信託の残高管理は厳しくなっております。

ただ実際、値が上がって売却できても、その上がった水準で違う投資信託を買うわけですので、よほどのテーマが当たらない限り、そこまでパフォーマンスは変わりません。

また投資信託は手数料が高いため、買った後、流れが予想外な展開により下がると損失額が大きく膨らむため、売却という判断ができないケースが多いです。

それに加え、金融庁の方針で証券会社や銀行は投信保有期間を長く持つよう指導されているため、相場が予想外に下がったとしても、担当者からの売却提案はきません。

それを防ぐために、TODOKERUではETFを中心に資産の組み立てを行うことが有効であると考えております。

最近では、投資信託以上にパフォーマンスがいいETFがたくさんでてきていますので、使う手はないです。
ただ、金融機関からすると残高フィーも少なく、販売手数料も少ないため積極的な取り組みができないというのが現状です。

TODOKERUでは、そのしがらみを取り払って助言を行うことができます。

時代の流れとともに、複雑な仕組みの商品が数多くでてきています。

例えば、仕組債。
仕組み債の仕組みを詳しく説明を聞いて、理解して商品を購入されている方はほとんどいません。
理由は、非常に複雑だからです。

オプション取引などが絡んでくるため、表は債券という名でも中身は全然違うということも多々あります。
またオプションを組むということは、手数料も高くなっており、債券を作るコストも含めるとかなりかかります。
ただ、債券は相対取引のため、その手数料は見えません。

また、投資信託でも中身にオプションや先物取引を組み入れた商品もあります。

コメント