2020-04

TODOKERUコラム

資産運用についてふと考えてみた。③

②の続きです。 ソフトバンクの孫さんがそれを実行していると思います。規模が桁違いですが、私たち日本人は政治に不満を言うのではなく、自分たちで未来を信じ、投資をすることで将来の可能性を大きくすることが必要だと思います。これは国内だけに...
TODOKERUコラム

資産運用についてふと考えてみた。②

①の続きです。 ここに首都圏に大地震が起きたらどうなると思いますか??景気後退により税収が減り、復興財源に巨額なお金が必要になり、財政が。。。いくら国の借金を国民にしているからと言って、限界がくる可能性があります。 その時の方...
TODOKERUコラム

資産運用についてふと考えてみた。①

今日は資産運用について考えてみました。資産運用ってなんでする必要があるのでしょうか。 当然、資産を増やすためという理由の人が多いと思います。ただ、増やそうとしても中々うまくいきません。運用に失敗し、逆に減らしてしまうことも多々ありま...
とどける塾

原油市場。WTI原油とブレント原油ってあるけどなに??何が違うの??

今日は少し専門的な話です。WTIとブレントについてです。よくガソリンの値段の参考にされるのはこの価格です。 なぜ今この話をしようと思ったのかと言いますと、最近この市場が異常な動きをしているからです。今後の値動きを見る上でも、このふた...
とどける塾

アメリカの経済は回復できるのか!? 『解雇と失業保険』 ~日本との制度の違い~

先日、米国のディズニーが従業員10万人の解雇を発表しました。理由は運営再開の時期が見通せないということ。10万人って、すごい人数です。もちろん解雇に動いているのはディズニーだけでなく、ホテルや自動車業界など、さまざまな業界で解雇が起きてい...
とどける塾

今、世界で行われている量的緩和とはどういう意味??どんな効果があるの??その先に見えるものは?③

②の続きです。 一方で日本。日本は借金=危ない、怖いという国民性。企業は、バブル崩壊などを経験し無借金経営が正しいという文化。恩恵ないです。リーマンショック以降の、経済成長率を見れば明らかです。コロナの影響が出る前でも、日本の景気が...
とどける塾

今、世界で行われている量的緩和とはどういう意味??どんな効果があるの??その先に見えるものは?②

①の続きです。 理由を説明します。この量的緩和という政策はそもそも、銀行などの信用力を上げることで経済を活性化させることだと説明しました。そのため、銀行が痛んで信用力が落ちている状態であれば、効果を発揮すると思います。 ただ、...
とどける塾

今、世界が行っている量的緩和とはどういう意味??どんな効果があるの??その先に見えるものは??①

量的緩和政策。この言葉を聞いたことがある人は多いと思います。ただ、その中身を知っている人は少ないと思います。株をやっている人で、量的緩和は株を上げる政策と思っている人も多いでしょう。 では、この量的緩和という言葉。いったいどのような...
とどける塾

マイナス金利なのになぜ預金はマイナスにならないの?今日本に求められているものは?仕組みを解説②

①の続きです。 何が変わったのかと言いますと、この日銀に預けている預金に関してです。 日銀は、銀行から預けられた預金を3つに分けています。専門用語になるのでここは流して、3つあると覚えていただければいいです。 詳しく言い...
とどける塾

マイナス金利なのになぜ預金はマイナスにならないの?今日本に求められているものは?仕組みを解説①

マイナス金利。この言葉を聞いたことがない人はいないかもしれません。 また、マイナス金利になったからといって何か変わったの??と感じている人も多いのではないでしょうか。 実際、私たちの預金ってマイナスになっていません。ほぼゼロで...