資産運用についてふと考えてみた。①

TODOKERUコラム

今日は資産運用について考えてみました。
資産運用ってなんでする必要があるのでしょうか。

当然、資産を増やすためという理由の人が多いと思います。
ただ、増やそうとしても中々うまくいきません。
運用に失敗し、逆に減らしてしまうことも多々あります。
そのようなリスクをわざわざ取ってなんで運用をする必要があるのでしょう。

何年か前に、親に老後の資産について相談を受けたことがあります。
色々聞いた結果、特に運用する必要はなかったです。
別に運用しなくても最低限の生活はできそうでした。
資産は残りませんが。。。(笑)

ちなみにうちの親は一切投資関係はしたことがなく、定期預金しかしたことがありません。
知識がないため、投資は勧めませんでした。
うちの家は決して裕福ではありません。
公務員です。

一般的にギャンブルや物欲による金使いが荒くなければ、運用しなくても生活できるんだなーと思いました。
では、なんでわざわざ運用ってする必要があるのでしょう。

政府は老後生活に2000万必要だと発表しました。
運用しないといけませんよという意味なのでしょうけど。
逆にお金を節約しないといかんよと受け取られかねませんよね。
金融教育を義務教育としていない中、あの伝え方はどうかと思います。
その前に、義務教育化しなさい!!と思います。

資産運用をする意味は私の中で2つあると思います。

ひとつは資産の保全です。
守ることですね。
運用をしてお金を増やして将来に備えましょうとか言うつもりはないです。
万が一に備えてです。
私が危惧するのは、自然災害などの突発的危機です。
日本でいうと地震ですね。

今回のコロナでやはり考えなくてはならないと思ったことがあります。
それは通貨。日本円についての信認です。
本来世界が不安定になると、円は買われます。
(その理由は前の記事を参照してください。)
ところが、今107円ほど。
世界は今回のコロナ。リーマンショック以上だという話をしていますよね。
当時、リーマンショックの時は、80円とかになりました。

それなのに今回は110円が107円。さほど円が買われていません。
これの意味は。。。

円は安全だという見方が薄れてきているのだと思います。

に続きます。

コメント