本日の相場のおさらいと、引き続き原油について!

とどける塾

本日も日経は続落でしたね。
原油相場の影響がどこまで株式市場に出てくるかと思いましたが、そこまで大きな影響はなかったですね。

米国も1000ドル以上の上下がなかったということは、そこまで影響を意識していない感じです。ただ、引き続き警戒は必要です。

昨日の原油についての記事での、トランプさんの貯蔵能力増強計画について、追加です。
これをやるということは、一方で米国の景気がV字回復できるという自信の表れでもあります。
要は、資源価格の下落のマイナスを他の業種で賄い、経済をV字回復できるということです。
この自信がないとこの発表はできません。

そのため、今回の原油急落による株式市場の影響は今は限定的です。
ただ、このトランプさんが考えているシナリオがうまくいくのかどうかは疑ってかかった方がいいです。

資源の動きは全世界に影響がでてくるものです。
いい面もあり悪い面もあります。
ただひとつ言えるのは、バランスが崩れるということです。
今までのバランスが崩れるということは、何かしらの新たな懸念がでてきてもおかしくないと思います。
そのため、引き続き注視です。

コメント