日本の不思議!なぜ日本は破綻しないのか??爆買いが意味するものとは??

とどける塾

日本ってこんなに借金が多いのになぜ破綻しないのか??
借金が1000兆を超える状況で、さらもここから借金は増え続ける国なのになぜでしょう。

答えは、日本の借金はほとんどが国民が背負っているからです。

どういうこと??って思う人がいるかもしれません。
学校の授業でも習わないですからね。

日本の国債のうち、90%以上は国内の機関、銀行、個人が持っております。
私たちが普段銀行に預けている預金は、金利を払うため国債で運用されております。
日銀が最大の保有者ですが、日銀のお金も国民のお金のようなものです。

国債というのは国の借金ですよね。
普通借金って貸している先が危ない!!という状況になったら、貸している人は潰れる前に借金を返せ!となりますよね。
お金が戻ってこなくなったら困りますから。

じゃあ日本の今ってどうでしょう??

借金は膨れ上がり、税金も上がり、地震まで起きています。なのに、誰もお金返せ!!と言わないですよね??

なぜでしょう??

国民が直接国債を持っていないから。というのもひとつの理由です。
みなさんの預金が国債になっているということは実感ないですから。

ただ、一番の理由は、国に借金返せと言ったら、国が破綻してしまうからです。

破綻してしまうと通貨は暴落、ハイパーインフレが起き、国債のお金も一部しか返ってこなくなり、しかもその価値はほぼ紙切れ同然となってしまいます。
要は、お金を返せと、もう日本の国債は買わん!!と行動を取ることで、自分の首を絞めてしまうのです。
なので、いくら借金を増やしても潰れません。政府はお金を刷ればいいのです。

ただ、限界が当然どこかできます。

お金を刷ればするほど円の価値は下がっていき、国際競争力は低下し、物価も上がっていきます。
結果、どこかで円の価値を守れない危機的な状況になる可能性はあります。
すぐではないです。いつかは想定できませんが、そういうリスクがあるということを知っておいた方がいいです。

昔、ギリシャ危機が起きました。これは、国の財政をごまかしていたことを発表し、周りの国が国債を売りたたき、お金を返せー!となったんですね。それでギリシャは破綻寸前までいきました。結局EUが救いましたが。
こうなった理由は、ギリシャの国債の大部分は国内でなく、海外の人たちが保有していたからです。

このように、国債を持っているのが国内か海外かで事情がまったく異なります。

あともうひとつ。日本の将来が不安な出来事です。

最近はコロナで話題になりませんが、つい最近まで日本では爆買いということ言葉をよく聞きましたよね。
これは、海外の観光客が日本に来て、大量にものを買っていったり、たくさんのサービスを利用してくれたりしてくれることです。日本でも経済成長を支えるため、海外からの旅行客を誘致していました。カジノ法案もそのひとつです。

けどこの出来事って、日本の競争力が低下したから起きていることだと知っていますか??

なぜ、海外の人はわざわざ日本に来て爆買いをしてくれるのでしょうか??

品質がいいからですか?それも理由のひとつです。

ただ一番の理由は、『安い』からです。
自分の国で買うより、日本に来て買う方が安いからです。
私が幼いころは、ブランド品は海外に行って買った方が安いと言われていました。
外国の食レポの番組をみても、こんなに安い値段で物が食べられるんだと思いました。
けど最近はどうでしょう。
海外の食レポ番組をみてもこんなに安いの?って思わないですよね。
米国や欧州の食事なんて高い高い。
これってなんで??です。

理由は簡単です。

日本の経済成長率より周りの経済成長率がはるかに大きく、その差が縮まっているからです。
国際競争力がものすごく低下してきているんです。
このことって誰も言いません。なんでですかね。不思議です。

このように金融の世界はふしぎがいっぱいです。

長い文章を最後までお読み頂き、有難うございました。
自分を磨くためにも、感想などあれば、メッセージをお願い致します!

コメント