原油大幅下落!!新たな火種??原油相場!!⑤

とどける塾

の続きです。

以上のように考えますと、消費の量を今の時点で予想するのは困難です。ただ、参考指数をみていれば、ある程度予想ができるような気がします。

私の考えとしては、原油の懸念はもう少し市場で意識され始めると思います。今の時点では、経済再開が始まれば需要は戻るという意見が強いです。ただ、本当にそんな楽観でいいのでしょうか。例えば、今原油を買うとして、今後のリスクとリターンを考えた時、リターンよりリスクの方が高い気がします。勝負するときではありません。

あまり考えたくないですが、万が一供給過剰状態が長く続くと、けっこう危険だと思います。

おそらくどこかの国が潰れる懸念が出てしまい、相場が再度大荒れになりかねません。ただ、これによって大恐慌のようなことも起きません。理由は、今回のこの原油の流れを変えるカードは米国が持っているからです。米国が減産すれば落ち着きます。大統領選もあるため、景気が大幅に悪化するような事態までは持っていかないでしょう。

ただ、米国経済がV字回復できるような目途が見え始めると、強気な米国は減産に応じず、原油価格の低迷は続くでしょう。まぁいずれにしても原油価格が30ドルとか40ドルに戻ることはけっこうな時間軸でないでしょう。

長くなりましたが、原油が新たな火種になる可能性があります。

注視していきましょう。 最後に、あくまでこれは個人的見解です。

コメント