原油大幅下落!!新たな火種??原油相場!!①

とどける塾

本日も日経は続落でしたね。金正恩の体調がよくないとのことで、地政学の懸念です。

もし仮に金正恩が退くと、妹の金与正がトップになるんじゃないかと言われています。そしてこの金与正の考えが不透明なため、そして体制が悪化するかもしれないとのことでの懸念です。特に韓国との関係が懸念されているみたいですね。まぁ正直ここはあまり気にしなくていいと思います。

そんなことより、昨日原油先物相場が初のマイナスに。こんなの見たことないです。

ただ、市場は一時的という見方。期日が近い5月物がマイナスになっただけで、6月物は20ドルほど。市場はパニックにはならず、次第に原油相場は戻っていくだろうという見方。

そこで、、、

原油について調べてみました。

いま原油相場が大きく下がっている理由は、供給過剰だからです。世の中コロナで、しかも米国、欧州は都市封鎖。ガソリンいりません。。。みたいな状況の中、サウジが大幅増産!!そりゃ下がります。

原油価格というものは、需要と供給で決まります。今まで値段が下がるとOPECが減産して供給量を減らして価格を上げ、逆だと共有を増やして下げるというように、バランスを保っていました。ただここ数年はイランが増産したり、ロシアが入ってきたりとOPECのまとまりがなくなっています。そこで世界最大級の産油国であるサウジが大幅増産。もうバラバラです。

関係図を言うと、サウジと米国は友好的、イランと米国が対立みたいな感じ。ここにちゃちゃを入れるロシアみたいな感じです。

みなさん、シェールオイルという言葉を聞いたことがあると思いますが、これは米国でとれる油です。実は米国も原油を掘りまくっており今や、世界で一番掘ってます。

そのように掘りまくっている中、問題が。。。

在庫が余って、貯蔵する施設が足りない!!そんなことが今起きてます。

原油ってやっかいなことに、売れなくて余っても、捨てるということができません。掘ったら売るか貯蔵するか。そのどちらかの選択肢しかありません。そのため、供給過剰が進むと、どこかに貯蔵しないといけません。この貯蔵量に懸念がでています。

例えば、米国で言いますと、今余って貯蔵されている原油量は5億バレルと言われています。ちなみにこの3週間で5000万バレル増えました。10%増ですね。そして貯蔵能力ですが、6億5000万バレルと言われております。単純計算でいうと、あと3週間が3回分なので9週間。約2か月今の状況が続くとパンクします。貯蔵オーバーです。そうなると原油が余ってもはや価値がなくなります。

に続きます。

コメント