カーニバルがクルーズ船を段階的再開!レムデシビル効果あり!ワクチン開発も進展!!いいこと盛り!!

相場の見通しをおとどけ
最新の米国市場情報(2020.7.10)クルーズ船再開!レムデシビル効果確認!!ワクチン年内承認!!!

昨日の米国市場は、進展のニュースが目立ちました。
クルーズ船を運営するカーニバルが、段階的に運航を開始するとのこと。
感染者が再拡大し、一度は再開が危ぶまれていたものの、
段階的ではありますが再開へ。

また、レムデシビルを重症患者に使用したところ、
死亡率が62%も低下したとのこと。

感染者は増えるものの、死亡者が減っていくのであれば、経済再開への道は開けます。
また、ワープスピード作戦の1社であるファイザー。
ここはドイツのバイオ企業と提携してワクチン開発に取り組んでいますが、
年内に承認申請予定とのことです。

モデルナの治験は今月予定だったものが遅れているようですが、
複数の会社が明確な時間軸を示しながら、ワクチン開発が進んできました。

私の持論感である「感染第二波はない」ということが正しいのであれば、
あと1か月2か月で、コロナの話題は落ち着いてくるように思います。
株価は、政策次第です。
コロナが落ち着いた後、政策変更が縮小されれば売り、
継続もしくは拡大されれば買いです。

少しでも政策の縮小サインが出ているのであれば、早めの売却をお勧めします。
拡大の可能性は低いかもしれませんが、大統領選に勝つため、
トランプさんの緩和圧力が強まる可能性があります。

コロナが落ち着いた後の方が、株価の動きを予想するのが難しくなりそうです。
このブログでそれをサポートしていきたいと思います。
本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

以上

TODOKERU

コメント